自己破産の現状

近年の日本では、長引く不況の影響で給料は減り続け、経済的に厳しい状態が続いています。その為か、消費者金融などから借り入れをしても返済できずに雪だるま式に債務が増えてしまう状態に陥ってしまうようです。

自己破産者は年間で25万人を超え、今もなお増加している状態のようです。
破産制度は、多重債務者の人生を救済する措置として国が作ったものです。この制度を利用することにより、人生をリセットし、やり直すことが可能となります。

多重債務者が溢れる状態にまでなってしまった今日では、この制度により、安易に破産の道を選ぶ人も増加しているようですが、そのような債務者は、この制度を利用しても救済はされない事を、しっかりと認識する必要があります。

 また、破産制度は、債権に苦しむ債務者を救済する為の素晴らしい制度だという事もいえますが、破産に対するイメージの悪さから、破産という選択肢から目を背けて人生をやり直すことを拒否している人もいるようです。

自己破産の今後

連帯保証人や個人経営者の自己破産者に割と多くあるのが〝被害者意識〟です。

連帯保証人で破産した場合は、元の債務者が返済不能になったことが原因の為、被害者意識が芽生えるようですが、連帯保証人としてサインするということは、そのリスクを負うという事を理解した上での行為になるので、安易にサインをした自分に非があると言わざるおえません。

また、個人経営者が破産する場合は、自社を維持成長する責任を全う出来なかったことが原因である為、長引く不況の影響だとは言え、将来を見通す努力をしなかったことも経営者としての努力不足に他ありません。

Yahoo!News